ホームページ制作

制作実績一覧へ

ユーザーの反応率を高めるためのホームページ制作

制作実績イメージアクセス数は多いのに、問合せや購入といった成果に結びついていない。どこが悪いのでしょうか。

私たちは、ネットショップやホームページを3つの視角で整理し、さらにそれぞれ細かなチェック項目を適用して診断します。

ただ、いただいた素材を組み合わせてデザインするだけではなく、弊社の側から「目的達成型のホームページ」をご提案させていただきます。

「目的達成型ホームページ」制作のための"3つのポイント"

CREATIVE

1.商品・サービスの提案力

商品イメージ商品・サービスの提案が、WEBユーザー(消費者)の気持ちを捉えるものかどうかが重要です。

WEB市場は「比較」が容易な媒体です。競合他社に比べて、自社の商品・サービスがどんな点で優れているか、明確に定義し強調する必要があります。価格面で勝負するのか、付加価値で勝負するのか、その戦略が、一般のメディアよりさらに重要になります。

私たちは、競合状況を見ながら、ユーザー目線での商品・サービスの「見せ方」のご提案をいたします。

2.内容(コンテンツ)の充実

WEBコンテンツイメージ商品・サービスの魅力をより明確に、より強く訴えるには、どんな文章や画像が必要になるでしょうか。

弊社は、支給された素材を組み合わせてデザインするだけでなく、お客様目線に立った文章や画像をご提案いたします。

「奇麗に整ったデザインのホームページ」ではなく、
「お客様の気持ちを捉えるホームページ」が、「目的達成型のホームページ」なのです。

3.導線(ナビゲーション)の強化

ナビゲーションイメージ目的達成型のホームページは、見込顧客に、「購入する」「問い合わせる」といったアクションを起こさせなくてはいけません。

すべてのコンテンツは、その「目的」のために配置される必要あります。

「初めての人は戸惑わないか?」
「リピーターの人への配慮は手厚いか?」
「購入フローが分かりづらくないか?」

といったさまざまな観点から、ナビゲーションの「使いやすさ」を追求したホームページをご提案いたします。

WEBサイト制作の流れ

WEB SITE DEVELOPMENT FLOW

1.コンセプトワーク

商品・サービスのラインナップ(MD)、それぞれの「独自の提案」(USP)、会社やショップの独自の売り(USP)を策定します。

マーケティングで言う3C/4Pの策定です。WEB市場という「比較の容易性」「バズ効果(口コミ)の有効性」等を考えて、ユーザー目線に徹した設計が必要です。

2.コンテンツワーク

自社の売り、商品やサービスの売りが策定できたら、それを十分に訴求できるコンテンツをつくります。

商品・サービスの魅力を十分に伝えるためには、デザインの奇麗さではなく、文章や画像など、コンテンツのインパクトやクオリティが重要になります。文章を書き、写真が必要な場合は撮影します。

まず打合せをし、資料を頂いた上で、弊社がデザインラフを制作し、ご提案するという流れになります。

3.クリエイティブワーク

ブランドイメージに適合しつつ、かつユーザー(消費者)が見やすく、使いやすいことを念頭においたデザインをご提案します。

まずはトップページラフデザインのご提案をし、コンセンサスを頂いた上で、他ページのデザインにとりかかります。

お問い合わせボタン
このページのトップへ