便秘改善サプリおすすめランキング

  1. 乳酸菌革命

    乳酸菌革命

    当サイトからの便秘改善サプリ注文数第一位
    乳酸菌革命の口コミはこちら

  2. 快朝酵素

    快朝酵素

    当サイトからの便秘改善サプリ注文数第二位
    快朝酵素の口コミはこちら

  3. モリンガの小粒

    モリンガの小粒

    当サイトからの便秘改善サプリ注文数第三位
    モリンガの小粒の口コミはこちら

便秘予防にはサプリメントを活用する

便秘になってしまうと健康面で問題がでてしまう事がありますので、予防に力を入れる事が大事です。

そこで、サプリメントを活用するのが得策です。

便秘予防には野菜を多く摂取したり、 食物繊維が不足しないようにする事が大事ですけど、 仕事で忙しかったりしてどうしてもそれらを毎日規則正しく摂取するのが難しい場合もあります。

そこで、野菜に含まれている栄養素、そして食物繊維をサプリメントで補給する方法があります。

そうすることによって、普段の食事で便秘予防に必要な栄養素が不足していても、 不足している分の栄養素が含まれているサプリメントを服用することで便秘予防になります。

また、便秘予防の専用のサプリがあればそれも服用するのがお勧めになってきます。

このように、サプリメントを服用する方法は、手軽さがありますし、 自炊が毎日難しい人にとってお勧めになってきます。

また、サプリメントの価格も高くはないですので、金銭的にも負担が少ない方法です。

私はかれこれ便秘歴が長く、ずっと慢性的な便秘に悩まされていました。

そんな便秘歴が長い私も昔は便秘薬に頼ったり、 食物繊維の豊富な野菜を意識して食べるようにしたりとしていたものです。

ただどれも根本的な改善とは行かず、今では特別これといった対処をしなくなってしまいました。

それに便秘であることが当たり前になってしまい、体がそれに慣れてしまったということもあります。

ですが酷いときには一週間近くお通じがないこともあるのでこのままじゃいけないなとは思います。

というより便秘であることに慣れてしまってはダメですよね。

でも便秘薬は一時だけのもので根本的な改善にはならないし、 正しい食生活を意識してもあまり効果は感じられないので、 どうやって改善していけばいいのか分からなくて困ります。

そんな私が最近ちょっと気になっているのがサプリメントです。

サプリメントなら便秘薬のような副作用もないだろうし、 続けていけば少しは改善できるかもしれないと思い使ってみようかなと今思っているところでした。

便秘解消の為にサプリメントを飲む際に注意する点

便秘を解消したいと思っても下剤を飲むのは副作用が心配、 と思いサプリメントを摂取する人も多くいます。

サプリメントは薬ではなく健康食品なので下剤の様な強い効果はありませんが、 それでも体質によりお腹が緩くなるケースもあります。

便秘改善サプリメントにはその他にも注意する点があります。

普段医師から処方された薬を飲んでいる人は、 サプリの成分によっては薬が吸収されにくくなってしまう場合があります。

漢方が含まれたサプリの場合、医師から漢方を処方されていると成分がダブってしまうこともあります。

漢方は摂取し過ぎると高血圧や腎臓病などの副作用を起こす可能性もありますので、 医師か薬剤師に必ず確認をしましょう。

特に糖尿病を持っている人は、サプリに含まれる糖分にも注意する必要があります。

また、妊娠中の女性は便秘改善サプリメントを使用する際には注意が必要です。

赤ちゃんは母胎から栄養を吸収していますので、サプリに含まれる成分が胎児に影響しないとは限りません。

妊婦が便秘に悩んだら速やかに医師に相談しましょう。

便秘を改善する方法

しつこい便秘に悩む女性は多いようですが、便秘薬を服用しなければ全く便通が無いという人もいて、 人それぞれの症状があるようです。

便秘を解消したいと思ってもなかなか自分にぴったりの方法が見つからない人も多いと言われています。

便秘解消に効果がある方法の代表としては、 青汁を毎朝飲むことや乳酸菌サプリやヨーグルトを食べること、 食物繊維の多いごぼうやれんこんといった根菜類を多く摂るなどが挙げられます。

どの方法も人によって効果がある人とない人に分かれてしまいます。

自分がどの方法が便秘に効果があるか一つ一つ試して確かめてみることをおすすめします。

いっぺんに複数の便秘解消法を合わせて行うのではなく、 あくまでも一つずつ効果を確かめるようにします。

その時に最低でも2週間ぐらいは様子を見てみることが必要です。

サプリを飲むにしても繊維質の多い食事を集中的に摂取するにしても、 腸内環境が変化してくるには2週間から1ヶ月ほどかかるといわれています。

ですから、改善策に体が慣れるまでは辛抱強く使用することが大切です。

足りない物をサプリメントで補う

便秘改善案にはサプリメントなどのような健康食品からだけではなく、 食べ物からも配分を考慮して栄養成分を摂り入れることを意識しましょう。

ひとつの例として、身体に良いからと考えられていて 一種類の食材のみを摂取するというのは誤っているかと思います。

便秘改善案もこのことと一緒でいいもののみを摂りいれることはせず、配分のポイントと継続が大切です。

乳酸菌で腸の流れを良い方向に向かわせ、オリゴ糖で状態をきれいにして、 食物繊維で理想的なうんちのボリュームにし、 腸の様子をいい状態にキープするというのが便秘解消に向けての効果的な方法だと言えます。

腸の流れの変化と、理想的なうんちのボリュームはせめて必要なので、 乳酸菌と食物繊維はいつも体に取り入れておきたい栄養分です。

足りていない栄養素を考慮してもらって、不足分の献立の見直しと、 簡単に進まないようならサプリメントなどの健康補助食品で補うなどといった改善策を考えてみましょう。

おすすめの便秘サプリは?

個々に食事内容や腸の状況が違うのでひとくくりにおすすめを言い切ることは無理でしょうが、 そのような中でもお勧めしたいのは「乳酸菌サプリ」です。

なぜかと言うと、乳酸菌サプリの中に便通回数アップのお通じ改善効果が特定されているものがあるからです。

お通じ改善の検証データまで公表しているサプリメントはあまりなくて、 消費者庁に届け出をした機能性表示の「乳酸菌サプリ」は別のサプリと比べて信用できます。

いつもの食事内容でまぎれもなく野菜が足りない状況の方には、 食物繊維サプリメントや青汁で食物繊維を摂ることがいいです。

けれども、便秘に悩んでいる人の多くの場合は、食事に気をつけ、 解決策をいくらかは行なっているにもかかわらず便秘不調で苦しんでいる人の話を何度も耳にしたりします。

そしてつらくなり、便秘薬を利用し、便秘薬を手離せなくなり、 解決策が八方ふさがりになってしまう傾向も強いでしょう。

乳酸菌サプリは便秘薬が欠くことができないこんな感じの人に真っ先に利用してもらいたいサプリメントです。

乳酸菌サプリメントの中でも「ビフィズス菌ロンガム種」という種類の菌が 排便回数の上昇データが認められています。

1~2週間ほどサプリメントを継続して飲むととで、たくさんの人にお通じ改善の効果を実感できると思います。

間違っていた便秘対策

なぜ、私は便秘サプリをお勧めしたいのか...

便秘の解消について、間違っていたことに気が付きました。

もとから自分自身が手強い便秘症であった体験もあって、 お通じ改善の薬や腸の薬等にとても関心がありました。

そんな中で、いわゆる「下剤」には根本的に便秘を改善する効果があることはなく、 今だけの便秘トラブルを和らげることに限った作用しかないことに気が付きました。

そこで、私ならどのようにして便秘を良くするのか考え、 自分のやり方で便秘を改善することに上手くできました。

20代では手強い便秘であった自分が、10年オーバー便秘とは無縁の体質に変化したのです。

言うまでもなく必ず365日がいい調子なわけではなく、便通の調子が良くないという日もあります。

そういったときでも、ひとたび良いお通じ習慣が身に付いてしまうと、 便秘薬を活用しなくてもちょっと食事内容の修正を行いさえすれば 短期間で快便の状態にもどることができるのです。

どんな人にももこんな感じの快便体質になってもらいたいので当サイトを作成しています。

そのようなこと言ったって、いっぱい便秘対策してやってきたけど改善しなかったよ?

世間には便秘解消に向けてのサプリメントや健康食品、体操やテクニックなどが数多くあり、 何度もトライしたこともある人が多いのではないかと思います。

にも関わらず、その結果としてダントツに便秘解消の効果があるものではなく、 結局トラブルを感じた時に便秘薬を利用し、元の日々の生活に戻ってしまうという事が多いことでしょう。

また「もとより最初から便秘対策をしても、まったく良い方向に向かわない」と、 あきらめてしまっている人もかなりいるのではないでしょうか。

便秘対策に素早い効き目がなく、トラブル時の便秘薬の利用方法まで 手ほどきしている情報がないことに問題があるのではないでしょうか。

シンプルに言うとインターネット上の情報サイトの大半は 「便秘対策アイテムを販売するだけ」「情報を載せているだけ」で完結していると思います。

そもそも長期間の便秘症の方人は、薬を使わないやり方に切り替えた途端、具合が悪化することが多いでしょう。

「便秘サプリ」を使いつつ便通改善ができるようになると、便秘対策も続けやすくなると思います。

ページの先頭へ